パチンコ屋はいらない・潰れろ!!潰す方法やなぜやめられない理由も!!

日々あれこれ

 

2020年5月1日

 

新型コロナウイルスで世間の状況が大きく変わりつつある中

居酒屋や繁華街に自粛を求める声が高まっていますが

 

その中でやり玉に挙がっているのが

 

「パチンコ屋の営業問題」

 

 

これだけ社会が一丸となって新型ウイルスに向かっていく雰囲気の中

営業を続けるパチンコ屋には批判が集中しています。

 

 

今回はそんなパチンコ屋についての批判や潰す方法!

さらにはやめられない理由についても見ていきます!

 

スポンサーリンク

 

パチンコ屋いらない!批判のコメント!

まずは気になる皆さんのコメントから。

中々、辛辣なコメントが並んでますよ!

パチンコは本当にいらない! 日本から撤廃すべき 本国で撤廃したのに日本人に依存症を増やして稼いでたのは知ってたけど、自分だけ稼げなくのは在日差別って言い出す事事態飽きれ通り越して怒りしかないよ。

 

 

 

「コロナに感染したらしょうがない」しょうがなくない。馬鹿ども。

 

 

パチンコに並ぶやつ。別にお前らが感染しようがどうでもええねん。やけど周囲の人に感染を広げたり、最前線で働いて下さってる医療従事者の方々の負担がこれ以上大きくならへんように言ってんねん

 

 

 

パチンコとか外出て遊んでるお馬鹿な大人たちは子供ですら今の状況わかって家で工夫して生活してるのに子供より子供ってことだよね?

 

パチンコに集まる人たち。  病院にはかないでほしい。ただ迷惑なだけだから

 

 

 

コロナは一生続くわけじゃないし、子供達も我慢してるのに何故我慢できない大人がいるの? こうゆう店やお客のせいでパチンコ業界が益々窮地に追いやられてるのがわからないのだろうか?

未だパチンコに行っている人たちはそれは趣味ではなく依存症の人だろう 今必死になって働いている医療従事者や働かなくてはならない人よりパチンコのことを考えているんだろうな、依存って怖いね

 

 

 

などなど…

たしかに的を得たコメントばかりが並んでいますね…

 

パチンコをやめられない理由

 

ではなぜパチンコを辞められない人が多いのでしょうか…?

 

ギャンブルに関して有名なこんな実験の話があります

ある普通のサルに、ボタンを押すとエサが出てくる装置を与えました

この装置はボタンを押すとサルが好きな食べ物が出てきます。

いつ・何回押しても好きな食べ物が出てくるためサルはそのボタンに夢中になります。

その後、この装置の設定をいじり

「ボタンを押しても何回かに1回しかエサが出てこない」

ように変更しました。

すると、サルはエサが出てくるまでその装置の前から離れなくなります。

更に設定を変更し

「ボタンを押してもエサが全く出ない」

ように変更します。

すると、サルは一日中必死にボタンを押し続けます

少し努力をすれば他の所で普通にエサにありつけるのに

エサの出てこない装置の前から動こうとしなくなるのです…

 

勘のいい皆さんならもうお気づきですね…

 

このお猿さん。

 

 

パチンコ依存症の方そのものではないでしょうか…

 

何時間もじっと座ってボタンを押し続け

「勝った」「負けた」

と、その日一日を過ごしている…

 

 

実験のお猿さんと何が違うのでしょうか…?

 

まぁ、たまに勝てる分ましなのかもしれないですけどね…笑

スポンサーリンク

パチンコ屋潰す方法はあるのか!?

 

「潰れてほしい」

「潰す方法はないのか?」

 

そんな風な考えを持つ方もたくさんいらっしゃるかもしれないですが

 

基本的には民間企業であるため「潰す方法」と言うような

過激な行動をとることは許されていません。

(過去には放火なんかもあったみたいですね…)

 

 

そこで、具体的にどうすればパチンコ屋にダメージを与えられるのか?

ちょっとだけ覗いてみます!

 

パチンコ支援の政治家へクレーム

 

なんと驚くべきことに

日本には

「パチンコを積極的に支援する政治家」

と言うものが存在します。

 

まぁ、年間何百兆円と言う利益を上げる業界なわけですから

ここを押さえておけば資金的にかなり余裕が出ると言うのが

政治家さんの本音でしょう。

(世間の評判・国益なんかは無視ですね…)

 

まずはそんな政治家の皆さんへ意見するのはどうでしょうか?
(政治家の方へ声を届けるのは悪い事ではないですから)

 

更には選挙の時にこういった議員さんに

投票しないよう情報を発信するなど
(これも表現の自由です)

 

これも一つの作戦ですね。

 

パチンコチェーンストア協会
の政治部門で業界に深くかかわる面々

「パチンコを大衆消費者の立場で合法化し、他産業と同等のビジネスとして社会的貢献を果たし、信用と地位の向上を果たす。」

 

と、言うはた迷惑な思想の元パチンコ産業を盛り上げようとする方々の一覧はこちら

理事・会員リスト

 

自分の嫌いな政党の人がいたら何か言ってやろう!

と、思っていた人…

 

主要な政党の方々がずらっと並んでいますね。笑

これについて笑っていられるのは共産党くらいでしょうか。笑

 

三店方式について話題を大きくする

 

日本では「賭博」は禁止です

競馬などの国営ギャンブルは対象外ですが

 

 

では、なぜパチンコ店は明らかな賭博(ギャンブル)に関わらず

まったく見向きもされないのでしょうか?

 

僕は、20歳の頃に一度だけパチンコに行きましたが

中でお金を入れ機械を回します。

勝つと銀色の球が出てくる
(僕は運よく少し当たりました)

店の前の怪しい窓口でそれを謎の札?と交換する

パチンコ屋の近くに
なぜかそのお札をお金に換えてくれるところがある

 

 

要するに、パチンコ屋で直接お金は渡してないですよ

パチンコ屋ではそのお札しか渡してないし

なぜパチンコ屋の近くにある交換所が謎のお札をお金に換えているのかは知りませんよ

 

と、言うのが「三店方式」のロジックで摘発されない根拠になっています。

(ふざけてますが…笑)

 

今は、SNSやyoutubeなどの個人メディアが発達しています。

 

そういった媒体を使って「話題」になったり「炎上」すれば

今は一気に世間の注目を集めることができます

 

少し強引ですが

こういった方法で世間の流れを変える方法もありますね…

スポンサーリンク

 

パチンコ屋についてまとめ!

 

政治家との癒着・警察との癒着など…

 

圧倒的な強さを誇っているパチンコ業界。

 

 

世間の一個人が問題提起したところであの業界はびくともしません

 

 

調べれば調べるほど「ふざけてるなぁ。」と思う事ばかりでしたが
(三店方式なんか小学生が考えるような言い訳ですよ)

 

 

 

だけど、先ほども言いましたが

今は「個人」が発信力を持つ時代

 

 

SNSで同志を見つけて発信していくもよし

youtubeで話題の動画をアップするもよし

 

 

そういった地道な活動がボディーブローのように効いていく可能性もありますね。

 

 

 

まぁ、なんにせよ「パチンコは百害あって一利なし」と断言してもいい僕としては

 

このブログを書き記すことが精一杯ですね。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました