少年法はいらない・不要!?廃止するメリットと問題点

日々あれこれ


2019年10月に起きた衝撃的なニュース

福井県坂井市の東尋坊の海で10月、滋賀県東近江市の嶋田友輝さん(20)の遺体が見つかった事件で、嶋田さんが知人の少年ら7人(殺人容疑などで逮捕)から、ハンマーで歯を折られたり、火の付いたたばこを鼻に入れられたり、執拗(しつよう)な暴行を受けていたことがわかった。嶋田さんはその後、東尋坊の崖で少年らに「はよ落ちろ」と迫られ、飛び降りたという。(続きはURL先へ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00050158-yom-soci


少年が起こした凶悪事件と言えば

などが有名ですが

ネット界隈では「女子高生コンクリート詰め殺人事件」に関して
今なお語り継がれる史上最悪クラスの残忍さと凶悪さで有名となっています。
※犯行を行った4人の少年の一部は服役~釈放後、詐欺や殺人未遂などを犯しています。


そして、この事件がタイトルにもある

「少年法の是非」

について、世間で議論が巻き起こる大きな一つのきっかけとなりました。


この記事では

  • 少年法の廃止を求める世間の声
  • 少年法廃止の意外なメリットと問題点


この3つを主に取り上げていきたいと思います!



少年法は甘すぎる!いらない!


先程の女子高生コンクリート詰め殺人事件では

犯行に加わった4人の少年は

少年A 懲役17年
少年B 懲役5年以上10年以下の不定期刑
少年C 懲役4年以上6年以下の不定期刑
少年D 懲役3年以上4年以下の不定期刑


書くのも恐ろしいほどの事件を起こしながら
「死刑」や「無期懲役」に誰もならないことから

世間から「少年法不要論」が飛び出しました




このように、今回取り上げた福井県の事件に女子高生コンクリート詰め事件を思い出す方も少なくないようです。

しかし、僕が少し気になるのはこのような少年法廃止の件について

「感情的な意見」


が、少し多くみられること。


そんな方々を意識しながら

次は、少年法の意外なメリットを見ていきます!



少年法の意外なメリットと問題点


まず皆さんは刑法第41条をご存知でしょうか?

この法律は
「14歳に満たない者の行為は、罰しない」

と、言うもの。

これは、責任能力と言うものが関わってくるそうですが

少年法が無ければ、14歳以下の少年は何をしても逮捕されないことになってしまいます。

これを防ぐのが少年法。
現在は2000年の少年法改正で、刑事処分可能な年齢が16歳以上から14歳以上に引き下げられました。

14歳以上の少年には、刑事責任が問われることになったのです。

また、被害者を故意の犯罪行為により死亡させた16歳以上の少年は、検察官に送致するのが原則になっています。



要するに

「14歳以上は刑法で裁くことができるし、16歳以上の少年に関しては検察に送致(いわゆる送検)されることが原則となっています。

ここを押さえておけば、少年法のメリットと必要性がわかるかと思います。




しかし恐らく、世間の皆さんが指摘している少年法の矛盾

「未成年が正当に裁かれていない」と言う疑問



そこを表す条文がこちら


少年法第51条

罪を犯すとき18歳に満たない者に対しては、死刑をもつて処断すべきときは、無期刑を科する。
2 罪を犯すとき18歳に満たない者に対しては、無期刑をもつて処断すべきときであつても、有期の懲役又は禁錮を科することができる。この場合において、その刑は、10年以上15年以下において言い渡す

と、言うものではないでしょうか?

簡単に言うと死刑・無期懲役に相当する凶悪犯罪を起こした場合

大人よりも、無条件で刑が軽くなるんですね。



皆さんのモヤモヤを生み出しているのがこの条文で

「死刑に相当するような凶悪犯罪を起こす人間を、未成年と言うだけで刑を軽くするのはいかがなものか?」

と、いうところではないでしょうか?


少年法第51条が無くならない理由


じゃあ、この法律の部分だけ変えたらいいじゃないか。

そんな声も聞こえてきますが、実はこの問題根が思ったより深いようです。

日本と言う国は少年法以前に

国際人権規約自由権規約の6条
児童の権利に関する条約の37条

この二つの国際条約によって
18歳未満の人間の行為に対する死刑ないし終身刑は禁止されています。

これでは、少年法を改正しても
この国際条約に同意している以上、どんな凶悪犯罪を起こしても18歳以下を死刑や終身刑にすることはできません。
(ちなみにアメリカはこれに同意しておらず18歳未満に対しても死刑を執行しています)


罰した少年はいつか出てくる


少年院では、更生を促し・教育・出所後の就職支援や技術習得など

過ちを犯した少年を更生させるべくさまざまな取り組みをしています。

魔が差したことがあるかもしれません、精神的に未熟だった・犯罪に巻き込まれる又は犯罪に触れやすい環境に産まれた少年もいるかと思います。

そう言った少年には、少年院の制度と言うものは必要であると私は考えます。

しかし、問題は凶悪な犯罪を犯した少年たち。

過去の事例を見ても、出所後あらたな犯罪を犯しているケースが山ほどあります。

懲役刑と言うのは必ず数年後に社会に復帰します。

本来、厳罰を下されるべき人間が数年~十数年で社会に放たれます。

私は、少年法は必要だと思っています。

しかし、死刑・無期懲役に相当する犯行に関しては

「終身刑」あるいは成人後「死刑」と言う形をとってもよいのではないかと思っています。


少年犯罪が起こるたびに沸き起こるこの話題。

皆さんはどうお考えでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました