野球NEWS

【2020年プロ野球】順位予想と優勝の可能性・戦力分析まとめ【阪神タイガース編】


「超変革」を掲げた金本政権からバトンタッチを受けた「矢野タイガース」

2018年の最下位から一気に3位とAクラスへ滑り込み、十分合格点と言える内容のシーズンだったと言えるでしょう!

「このまま一気に優勝を!」

と、行きたい今シーズンですが

2019年、チーム躍進の原動力だった〇〇が既に崩壊。
外国人乱獲で「優勝」も「最下位」も見える2020年を見ていきます!

打撃編

  • チーム打率 .251(リーグ4位)
  • チーム本塁打 94(リーグリーグ5位)
  • チーム総得点 538(リーグ最下位)

「攻撃力」と言う面ではやや迫力に欠けた2019年

主にクリーンアップを打った4人は

  • 糸井  打率.314 本塁打5 打点42
  • 大山  打率.258 本塁打14 打点76
  • マルテ 打率.284 本塁打12 打点49
  • 福留  打率.256 本塁打10 打点47

と、ひいき目に見てもかなり厳しい数字。

それを補うためか無意識か

チーム盗塁数100(リーグ1位)
チーム犠打数104(リーグ3位)

と、「スモールベースボール」に徹した矢野阪神ですが

2020年は「打線の方向性をどうするか?」がポイントとなりそうです!

ベテラン・助っ人頼みの「綱渡り打線」


こんな書き方をすると凄く失礼かもしれませんが

ドラフトで高校生投手・高校生外野手を上位指名したところを見ると
2020年の打線の補強に関しては「助っ人外国人」ありきの編成になるのは間違いないでしょう。

2019年もなんだかんだと打線の軸になった

  • 福留孝介外野手(42歳)
  • 糸井嘉男外野手(39歳)

は、それぞれ超ベテラン。

成績も、ベテランらしい安定感は見せていますがやはり「もう1押し」の爆発力が無くなってきているのは仕方のない事実です。


大山選手の更なる飛躍・中谷選手の覚醒・高山選手の復活などなど…

ワクワクする選手はたくさん控えているだけに、ここらあたりの選手が爆発してくれればいいのですが…

やはり即効性と言うことでは「外国人助っ人」の活躍は外せません。



外国人助っ人の活躍を確信し

「クリーンアップを中心とした打線」を組むのか

それとも助っ人のハズレ・ベテランの失速を予測し

「スモールベースボール・機動力野球」に更に磨きをかけていくのか?

捕手出身・矢野監督の采配力が試されるシーズンとなりそうです!

次のページへ >

-野球NEWS

Copyright© Wonderful life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.