日々あれこれ

ティモンディ高岸・済美高での野球の実力がヤバい!甲子園は?なぜプロにはなれなかったのか?【ピッチャー】


お笑い第7世代

が、テレビを席巻し始めて早1年程度でしょうか…?


霜降り明星・四千頭身を中心に日々どこかのチャンネルに誰かが出ている状況ですね!




そんな中でも異彩を放っているのが

ティモンディ高岸さん!

独特の口調とキャラクターでひな壇の中でも抜群の存在感を放っていますが


ここ最近話題になっているのが

抜群の野球の実力



高校時代から主にピッチャーとして活躍し

一時はプロのスカウトの目に留まるほどの実力を持っていた高岸さん!


プロ野球選手の間でも「速球派」の部類に入る150キロを投げ込む

とんでもないお笑い芸人さんですが…



なぜ高岸さんはお笑い芸人になったのでしょうか?

プロ野球選手にはなれなかったのか?

在籍した済美高校って強いのか?



そんな高岸さんの「野球」に関する気になる情報を集めてみましたので

一緒に見ていきましょう!

[affi id=2]

高岸さん在籍の「済美高校・野球部」って強いの?


まずは高岸さんが在籍していた「済美高校」についてですが!

1901年に創立された歴史の深い学校ですが

元々は「私立松山裁縫伝習所」と言う女子高でした!

共学になったのは2002年で同年に野球部も創立

部の歴史としてはとても浅いんですね!


創部2年で全国制覇!


そしてこの済美高校野球部!

何を隠そう春2回・夏6回の甲子園出場を誇る

愛媛県のみならず四国随一の野球の名門校として有名です!




2004年の甲子園初出場の時には

創部2年ながら「初出場・初優勝」のとんでもない快挙を達成しており

その後は、甲子園常連校として四国の高校野球界をリードする存在となっています!



そんな野球部の合言葉は「やればできる」


これ、どこかで聞いたことが…



そう!高岸さんの決め台詞(?)ですね!


これは、野球部の全国制覇をきっかけに学校の「校訓」にもなりました!


確かに、創部2年目・初出場での甲子園優勝と言う事を考えれば

「やればできる」なんて気持ちにもなりますよね…笑



高岸さんの甲子園への出場経験は?


そんな高岸さんは甲子園に出場する事ができたんでしょうか!?

2年生時から並み居る猛者を抑え、投手兼野手としてレギュラーをガッチリつかんでいた高岸さん。

3年生の時にはMAX147キロと言う高校生では日本トップクラスの剛速球を投げ込む

プロも注目の選手に成長しました!


しかしその間のチームの成績ですが

  • 1年生 夏 甲子園出場(1回戦敗退)
  • 2年生 春 予選敗退
  • 2年生 夏 予選敗退
  • 3年生 春 予選敗退
  • 3年生 夏 予選敗退

と、唯一1年生の夏に済美高校は甲子園出場を果たしていますが

残念ながらその時高岸さんは「ベンチ外」

甲子園のグランドに立つことは叶いませんでした…。


[affi id=2]

高校卒業後は「プロ野球」を目指し名門・東洋大学へ


高校時代には複数のプロのスカウトからチェックされていた高岸さん!


「プロ志望届を出せば育成で指名するかも」

と、言う話もあったそうですが

当時の済美高校の監督である「上甲監督」に相談したところ


大学に進学し実力をつけてから

卒業後に指名されるように頑張ったらいい


と、言うアドバイスを受け


こちらも、日本最高峰の野球の強豪「東洋大学」へ進学します!



そこで、プロを目指して日々努力を重ねますが…



高校時代に甲子園出場は当たり前…

その中でも上を目指す実力者が集まる東都六大学で高岸さんは苦戦を強いられます。
(MAX150キロはゴロゴロいますからね…)


結局、大学3年生時に故障が発覚し

ここでプロ野球選手の夢を断念することになります…



その後は、相方の前田裕太さんと再会。


お笑いコンビ「ティモンディ」を結成する事になります!



[affi id=2]

トレーニングを再開し「MAX150キロ」のスーパーお笑い芸人へ!


故障でプロ野球選手の夢を断念。


その後、お笑い芸人として邁進していくわけですが


どうやらその裏ではコツコツとトレーニングを行っていたようで…笑



なんと、卒業してからさらに球速は増し

最高球速はMAX150キロまで到達しました!

野球選手でもないのに、なんでそこまでやるんだ…


と、言う声が聞こえてきそうですが…


かつて、読売ジャイアンツで大エースとして活躍した

堀内恒夫さんはこんな言葉を残しています。

もう死んだ自分がマウンドで、自分の球、プライドの、自分自身を再び相手にぶつけられる、投手として生まれ、生きて、死んでも死に切れない、 あの場でまた自分に成れるのならば、どんな代償だって、命も惜しくないんですよ、投手は。
それをね、投手の使い捨てだの何だのと、野村批判がしたいだけなんだろうけどね、投手を侮辱するにも程がある。

全く。

http://medicines.aquaorbis.net/meigen/nippon/sport-j/horiuchi-tsuneo


要するに

「ピッチャーはいつまでもピッチャーのままでいたい」
「ピッチャーはいつまでもマウンドに憧れがある」

と、言う事なんですね。



まさに、高岸さんもそうでしょう。



でなければ、20代を大きく超えてから自分の最高球速を超えるほどのトレーニングを継続する事はできません!


そんな高岸さんは

もう一つのプロ野球を目指すことになります!


[affi id=2]

もう一つの「プロ」独立リーグのトライアウト受験


プロ野球と言えば

ジャイアンツ・阪神タイガース・西武ライオンズ…


と、言ったところを想像するかと思いますが


もう一つのプロ野球として日本に存在するのが

「独立リーグ」

と、呼ばれるもの。


一番有名なのは「四国独立リーグ」ですね!

給料は格安ではありますが
「野球でお金がもらえる」れっきとしたプロ野球です!

過去には、阪神タイガースの藤川球児投手も在籍したこのリーグですが



高岸さんは、この四国アイランドリーグのトライアウトに挑戦しています!




しかし、どの時期のトライアウトに挑戦したかはわかりませんが

2018年・2019年共にトライアウトの合格者名簿には名前が無く

残念ながらここでも「プロ」の夢は絶たれたようですね…




ティモンディ高岸さん・野球情報まとめ


さぁ、ここまで「お笑い芸人・ティモンディ高岸さん」の野球情報のみお伝えしてきましたが。笑

  • 高校時代は愛媛県屈指の強豪「済美高校」に在籍
  • 高校時代は甲子園出場はならず
  • 大学は名門「東洋大学」へ進学
  • 3年生の時に故障で野球を断念
  • プロ野球選手の夢を諦めお笑い芸人へ
  • その後トレーニングを重ね「MAX150キロ」を投げるように!
  • 四国アイランドリーグのトライアウト受験も不合格


と、ざっとこんなところでしょうか!



しかし、野球がだめでもお笑いでブレイクとは

できる人は何をやってもできるんですね!
(まさに「やればできる」でしょうか?)



今後は、お笑いだけでなく野球タレントとしても活躍の場が期待できる高岸さん!


今後の活躍が注目ですね!


[affi id=2]

-日々あれこれ

Copyright© Wonderful life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.