野球NEWS

【2020年プロ野球】順位予想と優勝の可能性・戦力分析まとめ【東京ヤクルトスワローズ編】

2018年・2位に輝いたチームは

広島カープ3連覇・影の立役者「石井コーチ」「河田コーチ」と言う強力な補強を行い優勝を狙いました!

ところが蓋を開けてみると2017年以来2年ぶりの最下位…

Aクラス、あるいは優勝と言った予想も多かった2019年シーズンのヤクルトですが、なぜ最下位に沈んでしまったのか…

「毎年の課題」が明確に出た2019年シーズン・そして「問題児」が退団する2020年を占います!

打撃編


ここ数年「強力打線」をもってセ・リーグを戦ったスワローズ。


  • 2015年 チーム打率 .257(リーグ1位)
  • 2016年 チーム打率 .256(リーグ2位)
  • 2017年 チーム打率 .234(リーグ最下位)
  • 2018年 チーム打率 .266(リーグ1位)
  • 2019年 チーム打率 .244(リーグ5位)


特に打線の中心である

「山田哲人選手」は 走攻守・全てにおいて日本球界トップクラス!



この選手の出来次第で打線の出来が大きく変わりました。

先程のチーム打率の推移を見た後に、山田哲人選手の成績を見てみると

  • 2015年 打率.329 本塁打38 打点100 盗塁34
  • 2016年 打率.304 本塁打38 打点102 盗塁30
  • 2017年 打率.247 本塁打24 打点78 盗塁14
  • 2018年 打率.315 本塁打34 打点89 盗塁33
  • 2019年 打率.271 本塁打35 打点98 盗塁33


と、チームの打撃成績が落ちたシーズンと山田哲人選手の成績が面白いように比例しています。

前を打つ、元メジャーリーガーの青木宣親選手はまだまだ安定した成績で健在なだけに

チームの浮上には、「Mrトリプルスリー」の活躍が必須です!


問題児の退団とニュースターの誕生


シーズン60本塁打と、日本プロ野球界の歴史に名前を刻んだ

「ウラディミール・バレンティン」選手

2011年から9年間、長くヤクルトの4番を担った強打者ですが

ファンの方なら「バレンティンの守備」に苦い思い出が多いでしょう!


試合展開によっては、雑な打撃も目立った問題児は、歴代の監督とも度々衝突を起こし、2017年には球団最多となる5回の退場処分を受けるなど良い時と悪い時の差が激しく、プレー・メンタル両面での「安定感」と言う点においては少し不安を残していました。

そんな問題児は2019年にソフトバンクホークスへの移籍を発表!

なんだかんだと9年間で8度の30本塁打以上を記録した強打者の流出が痛くないわけはないですが…

そんなニュースを吹き飛ばしてくれそうなのが、2019年にすい星のごとく現れた

村上宗隆選手!

打率こそ.231と安定感に欠けましたが

20歳と言う若さで36本塁打96打点は「お見事!」の一言。


2020年は他球団からのマークも厳しくなることが予想されます!

しかし、大きなスケールを感じさせる若き大砲の登場は、スワローズファンのみならず、プロ野球ファンにとっても楽しみなところ!

バレンティン選手の穴を埋めるにとどまらず、それを補って余りある活躍を期待したいですね!

次のページへ >

-野球NEWS

Copyright© Wonderful life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.