高校野球

【2020年・センバツ】ドラフト候補の注目ピッチャー!!今大会№1投手候補を厳選5人!

「智辯和歌山高校史上最高の投手」小林樹斗(智辯和歌山)


2020年1月に、早くも「プロ志望」の意思を表明したMAX148キロ右腕の小林樹斗投手!

「智辯和歌山史上最高の投手」として呼び声高いですが

2019年の甲子園では、2年生ながら凄まじいボールを投げ込んでいますね…

持ち球は球威のあるストレートを中心に、スライダー・カーブ・フォーク

細かいコントロールで勝負するよりも、ある程度アバウトながらストライクゾーンにしっかり投げ込む事で勝負をしていくタイプの投手ですね!


ちなみに、昨年の春と夏を合わせた甲子園での通算成績は


4試合に登板し

12回1/3イニング 防御率1.46 被安打10 奪三振10 四死球4


高い奪三振能力を備えますが、被安打10と言うのが気になるところ。

これだけボールの威力がありながら、少し捉えられている印象がありますね。



動画では、縦回転のキレイなストレートを投げ込んでいましたが

この「軌道が素直なボール」が捉えられやすいでしょうか?




ここ数年は、高校生でも140キロ超えのボールを投げるのが当たり前になってきているため「ただ速いだけ」では、どんなチームでも抑えるのが難しくなってきています。

小林投手の場合は、持ち前の威力あるボールを、丁寧に低めに集められるかがポイントになりそうです!

※小林樹斗投手の「スカウト評」はまだ公表されていません※


次のページへ >

-高校野球

Copyright© Wonderful life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.