トレーニング

【実体験】プロテインなしで筋トレしても意味はある?

 

おはこんばんにちは

 

たっさんです。

 

 

筋トレはかどってますか?

 

 

トレーニング後にはプロテインとってますか?

 

トレーニング初心者~上級者に関わらず

 

トレーニング = プロテイン

 

は、セットで考えているかたがほとんどかと思います。

 

 

世の中には

  • どのプロテインが美味しいか?
  • どのプロテインがおススメ?
  • どのプロテインがコスパが良いのか?

 

こんな情報が溢れています。

 

 

と、ここでふと思ったんですが…

 

 

プロテインって本当に意味あるの?(笑)

 

 

実際、プロテインは1袋1キロが主流ですが

金額は3,000円~7,000円くらいが

だいたいの相場かと思います。

 

筋トレに命を懸けている方は

惜しみなくお金をつぎ込んでいらっしゃるのですが。

 

ライトなトレーニーにとっては

意外と厳しいなぁー。と思う金額だったりします。

 

 

と言うわけで今回は

 

 

プロテイン無しで筋トレしても意味が無いの??

 

 

と言うところにスポットを当てて記事を書いていきたいと思います。

 

のんびり見ていってください!

 

スポンサーリンク

 

結論:筋トレにプロテインは「必須」ではない!

はい、早速結論ですね。

 

プロテインがいるのかいらないのかは

そもそもプロテインがなんなのか?

と、言う事を理解する事から始めましょう。

 

そもそもプロテインって?

まず、プロテインとは

 

タンパク質を豊富に含んだ高機能栄養補助食品です

 

なんだか、ゴリマッチョの人が飲んでる

筋肉が付く魔法の粉ではありません。(笑)

 

筋肉を大きく育てたいアスリートが

1日に摂取するべきタンパク質の量として

 

自分の体重 × 1.6g~2g

 

くらいが理想と言われています。

(僕は75キロなので、だいたい120g~140g)

 

で、プロテインを1回飲むと

だいたい20g~30gくらいのタンパク質が摂取できます
(商品によりますが)

 

だから、1日に3回~5回プロテインを飲んで

バランスの良い食事を心がければ

筋肉を効率的に成長させることができるタンパク質が取れると言うわけです

 

 

と、言う事はですよ?

 

 

食事だけで理想のタンパク質を摂取することができれば

そもそもプロテインは必要ないわけです。

 

 

毎日食べられる!おススメ筋トレ飯3選!!

筋トレ飯と言えば

 

ブロッコリーにぱさぱさのササミ

ゆで卵に味気の無いご飯…

 

 

と、言ったイメージですが

あれは筋トレガチ勢のコンテスト前の食事ですね。(笑)

 

程よく割れた腹筋と程よくついた筋肉を手に入れようと思ったら

あんな食事はする必要ありません。(笑)

 

それよりも、毎日食べられてコスパもいい

筋トレにもお財布にも優しい食事をご紹介しましょう!!

 

 

①:豚汁

  • コスパ ★★☆
  • タンパク質 1食約15g~20g

毎日、お味噌汁を飲んでる方は多いと思いますが

具だくさんの豚汁はもっとおススメです!

 

具も、オーソドックスな豚汁にこだわらず

  • キノコ類
  • 白菜などの葉物
  • イモ類

 

日々、少しずつ中身を変えながら食べれば

飽きることはありませんし

 

1品でおかずにもなる

 

お財布にも優しいメニュー
(作るのも簡単ですしね)

 

個人的におススメなのは

  • 豚肉
  • 玉ねぎ
  • エノキ
  • 白菜

の、超具沢山お味噌汁です。(笑)

 

 

②:納豆

  • コスパ ★★★
  • タンパク質 約8g~10g

これに関しては苦手な方が多いと思いますが

コスパとタンパク質を考えれば圧倒的におススメです!!

 

関西の人は納豆苦手な方が多いのかな?

 

食わず嫌いせずに

ちょっと手を出してみてほしいメニューですね!

 

 

③:卵焼き

  • コスパ ★★★
  • タンパク質 15g(卵2個使用)

筋トレと言えばゆで卵ですが

もちろん卵焼きでもOK

 

お弁当に入れてもよし、おつまみにしてもよし

夜食にしても大丈夫

 

さらに嬉しいのは卵は「アミノ酸スコア」が100で

タンパク質を体に効率的に取り入れるために

効果的な働きをしてくれます!

 

朝・昼・夜

 

積極的に食事に取り入れていきたいですね!

 

毎日の食事に上手にタンパク質を取り入れましょう!

さぁ、さっき上げた3食

 

豚汁 タンパク質 20g

納豆 タンパク質 10g

卵焼き タンパク質 15g

 

合計 45g

 

ですね。

 

 

3食、同じ食事と言うのは現実的でないかもしれませんが

どちらかと言うとこの3つはサイドメニュー的な色合いが濃いですよね。

 

さらにご飯にぴったりと言う事で

これに魚やお肉を上手に混ぜていけば

理想のタンパク質摂取量にあっという間に到達できるはずです。

 

 

どうでしょうか?

 

こんな感じで、プロテインが無くても十分筋肉は育てることができるんです。

 

もちろん、これにプロテインを混ぜればより効果的に簡単にタンパク質を摂取する事が出来ますが

 

あまり神経質になる必要もないですね。

 

皆さんも、日々の食生活を見直してみてはいかがでしょうか…?

 

スポンサーリンク

 

-トレーニング

Copyright© Wonderful life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.