【今更聞けない】NYダウが史上最高額更新!アメリカ株があがると日本への影響は?わかりやすく解説!

今更聞けないシリーズ

 

yahooトップページよりこんなニュースが飛び込んできました!

【ニューヨーク時事】週明け4日のニューヨーク株式相場は、米中貿易協議の進展への期待が広がる中、続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比114.75ドル高の2万7462.11ドル(暫定値)と、7月15日に付けた史上最高値(2万7359.16ドル)を約3カ月半ぶりに更新して終了した。

へぇー、そうなんだ。

そう思いながら眺めていたのですが

そもそもNYダウってなんなのか、皆さんご存知でしょうか?

恐らく正確に説明できる方は少ないのではないかと思います。
(私もそのうちの一人です!)

そこで今日は、NYダウの意味

そして、NYダウの上下が日本にどのような影響を及ぼすのか!

経済初心者が調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

そもそもNYダウって何?

正式名称は「ダウ工業株30種平均」というもので

アメリカの経済指標の代表的なもの。

30種平均と言うくらいですから
当然、アメリカの代表的な会社30社の株価平均となります!

その30社に含まれる会社は

アップル・ゴールドマンサックス・マクドナルド・インテル・JPモルガン・マイクロソフト・コカ・コーラ・3M・メルク(医薬品)・ナイキ…etc

皆さんも聞いたことがあるような会社もたくさんあるのではないでしょうか?

名前に工業と名前がついていることから、工業系の企業が多いのかと言われるとそうではありません。

最先端のIT企業から金融・飲食・石油・医療等、様々な種類の企業が含まれています。

 

ダウ平均株価の計算方法

平均だから全部足して30で割るんでしょ?

と、思われた方はちょっと待ってください!

実は、計算方法があるんですね。

30銘柄(30社)の株価の合計÷除数

除数=0.14748071991788(2019年3月)

と、なっています。

なんでこんなややこしいんだ!

と、思われた方もいると思いますが

これは、株価の分割や銘柄の入れ替えなどで著しく株価が上下してしまうと正確な数値が出ないため
その時の状況に応じて調整される数字になります。

詳しく覚える必要はありませんが
「その時の時代に合わせて平均を出すようにしている」

と、言った感じで覚えておくといいでしょう!

スポンサーリンク

 

今回はなぜ最高値を更新したの?

2019年11月5日にNYダウが過去最高値を更新したのは冒頭のニュース引用であげましたね!

では、なぜ今回そういった現象が起きたのでしょうか?

見ていきましょう!

 

働く人が増えた!

アメリカ政府は10月1日

農業以外に携わる人の就業者数が12万8千人増えたと発表しました

 

経済界では雇用統計における就業者数の発表と言うことになりますが

これで何が良くなるかと言うと

単純に、働く人が増えればお金を持つ人が増える

消費が増える

企業が儲かる

景気が良くなる

と、言った風に雇用統計の結果が良ければ投資家の間でも
「景気が良くなってこれから株価が上がる!」
と、考える人が増え、株の買い注文が入り株価が上昇していくことになります。

 

アメリカの金利が低下

2019年に入ってから、アメリカの金利が低下していることも
株価の高騰につながったようですが

この辺りの仕組みを皆さんは理解しているでしょうか?

金利が下がる

株価が上がる

と、言うのは投資家の間では常識だそうですが

簡単に言うと

金利が下がる(借金の利息が下がる)

お金が借りやすくなる


借りたお金が市場に回る

経済が活性化する

景気が良くなる

と、言うのが一般的な考え方です。

先程の雇用統計が好調だったとの報告と合わせて
アメリカの利下げも、今回のNYダウ最高値更新に影響したようですね!

 

スポンサーリンク

 

日本への影響は?

ところで気になるのは、今回のアメリカ株価の好調が日本にどう影響するかと言うところですが

基本的にアメリカ株が上がったから日本株も上がる!
と、言うようなわかりやすい相関関係はないようですね。

こちらの画像を見ていただきたいのですが

赤がアメリカの株価

青が日本の株価となっています。

上下に微妙な連動は見えますが、密接に関係しているとは言えませんね。

よって、今回のNYダウの最高値更新で

日本株も急上昇!

と、言う事にはなりそうにありません。

 

 

スポンサーリンク

 

アメリカがくしゃみをすれば日本も風邪をひく

と、言うような格言があるように

日本とアメリカは経済でも密接に関係しています。

今回のNYダウ株価の上昇で直接的な影響はなさそうですが

全く無関係と言うこともないでしょう。

今後、どのような動きをみせるのか注目していきたいですね!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました