野球NEWS

【野村克也】現役時代の成績がエグい件。監督・選手時代のエピソードも!【ノムさん】


2020年2月11日

名捕手として、名監督として
プロ野球界に燦然と輝く大記録の数々を残した


「野村克也」


さんが、お亡くなりになったとのニュースが飛び込んできました。






僕自身、とても好きな野球人だったため
とても、悲しい気持ちではあるんですが。


一般の方の中には

野球やってるあのおじいちゃん、誰?


状態の方も少なくないかもしれません。



そこで今回は!

野村克也さんの魅力を知らない皆さんのために!

「名捕手で名将」である野村克也さんを


徹底的にご紹介していこうと思います!


選手としての功績の数々


まずは「選手」野村克也さんについて!


後の大選手の意外なエピソードを見ていきましょう!

テスト生として入団!クビ宣告も「南海電鉄に飛び込みます!」


実はノムさん。


19歳でのプロ入りは「鳴り物入りで!」

と、言うわけではなく。
自ら色々なプロ球団に声をかけ唯一返答をくれた

南海ホークス

契約金0円でしぶしぶ入団させてもらったのが始まりでした!


さらに驚きなのは、後に圧倒的な成績を残すまでは

若手の「クビ候補」筆頭だったんですね!



1年目のシーズン終了後

球団側からクビ宣告された時は

「もしここでクビになるようなら生きていけません。南海電鉄に飛び込んで自殺します」」

https://ja.wikipedia.org/wiki/野村克也#年度別打撃成績


と、脅し(?)ともとれる粘り強い交渉で残留しています!



この頃から「知将」としての才能があったのかもしれませんね…。笑


不断の努力で「名捕手・野村克也」へ


キャッチャーとして致命的な「肩が弱い」と言う弱点を持っていた野村選手。


今でこそ、高校球児でもウェイトトレーニングが普及し始めていますが


当時は、そんなものは無く
せいぜい「うさぎ跳び」がいいとこの時代でありながら

自らの弱点を克服するため積極的にこれを採用!


「先見の明」を発揮し、その後見事にレギュラーへ定着します!


打者・野村克也


生涯本塁打 657本

これは「世界の王」に次いで第2位の記録!
※3位は同じ南海で活躍した門田博光選手の567本


実は、一時は日本球界のシーズン最多本塁打記録となる

52本のホームランを打っており。

「自分は月見草だ」と揶揄する言葉とは裏腹に


とてもではありませんが、派手な成績を残しています!


1965年には

打率.320 本塁打42 打点110



と言う成績で3冠王を獲得!


同世代で活躍していたのが

ONこと「王貞治選手」「長嶋茂雄選手」と言う

今も語り継がれるスーパースターだったため



どうしても印象が薄くなりがちですが…


歴代出場試合数 2位(1位は谷繫元信選手)
歴代本塁打   2位
(1位は王貞治選手)
歴代安打数   2位
(1位は張本勲※カツ!!でお馴染み)
歴代打点数   2位
(1位は王貞治選手)


と言う、とんでもない成績を残したレジェンド中のレジェンドなんです!!



しかし、主要成績がここまで2位だと

圧倒的な実力を持っていても
なんだか自分を卑下したくなる気持ちも少しわかりますね…笑



名将「ノムさん」として


さぁ、そして今度は「名将」野村克也監督としての活躍を見ていきます!


南海時代の「選手兼任監督」をはじめとし

  • 黄金時代を気づいたヤクルトスワローズ
  • 暗黒阪神タイガース
  • 初のAクラスへ!楽天イーグルス

と、4球団を渡り歩き


様々な話題を提供し、プロ野球界を盛り上げました!


その中でもヤクルト時代の「ID野球」は欠かせないエピソードでしょう!


根性論の世界で始まった「ID野球」


いまでこそ「セイバーメトリクス」と言う

細かいデータを利用して野球の采配をするのが当たり前になっています



しかし、それまでの野球と言えば

「巨人の星」

に代表される

「気合い!」「やる気!」「根性!」

と言うフレーズが一般的な世界でしたが

そこで登場したのが

相手のチームの細かいデータを集計し

それを、試合中のプレーに生かす

と、言う「野村・ID野球」でした!




ID・〇〇の先駆け!


IDバレー

IDサッカー


と、言ったような言葉を聞いたことがあるかもしれませんが

基本的には、この野村監督の「ID野球」が元祖になります!



ID野球では、野村監督自らの経験やデータに基づいたプレーを

監督自身が選手に講義形式で伝授。


そのプレーの「状況」「メンタルの状態」等を徹底的に教育!


それまでの、各指導者の「感覚的な指導」から

データを用いた「具体的な指導」に変えることで

何人もの日本を代表する選手を輩出し

更に

9年間で

4回のリーグ優勝・3回の日本一と言う

凄まじい成績を残しています!



ID野球の申し子「古田敦也」


そのID野球の恩恵を強く受けたのが

「古田敦也選手」であったことは間違いないでしょう!



野村監督から

「初めてキャンプで見たときから、捕球や二塁への送球は天才的で、肩も強かった。当初はスカウトから『打撃には目をつぶってください』と言われたが、もともと頭のいい子だったから、投手の配球を読むことで上達し、2年目には首位打者も獲得した」

「大変強気で自信家、そして目立ちたがりのところもある」

「捕手の本能も持っているが、それと同じくらい投手に近い考えもある」

https://ja.wikipedia.org/wiki/古田敦也#ヤクルト入団後


と、評され


現役引退間際には、野村監督同様「選手兼任監督」も務めています!


ONと戦い続けた「月見草」



先程も書いたように

同年代で活躍していたのが「王貞治」「長嶋茂雄」

と、言う日本史上最高のスター2人が相手だったため



当時の野村さんに集まる注目はそれほど高いものではありませんでした!


当時、600号本塁打と言うメモリアルアーチを打った試合も

観客は7000人程度だったそうで

「自分をこれまで支えてきたのは、王や長嶋がいてくれたからだと思う。彼らは常に、人の目の前で華々しい野球をやり、こっちは人の目のふれない場所で寂しくやってきた。悔しい思いもしたが、花の中にだってヒマワリもあれば、人目につかない所でひっそりと咲く月見草もある

https://ja.wikipedia.org/wiki/野村克也#年度別打撃成績


と、言う恨み節(?)ともとれる発言をしています。




しかし、今回の訃報を受け。


王・長嶋さんはもちろん

ダルビッシュ投手・田中将大投手等々…



同じチームに在籍した方、それ以外の方も含めて

著名な野球関係者が次々とコメントをしているのをみると


野村監督は決して「月見草」ではなく


プロ野球史に燦然と輝く「ひまわり」だったんではないかと私は今でも思っています!




体調のすぐれない晩年「もう一度監督を」と言う発言を何かのテレビ番組で拝見したことがあります。



個人的にはデータを駆使して世界と戦う

「野村JAPAN」を見てみたかったですが


それも見られぬ夢となってしまいました。



野球好きのノムさん。


天国でも野球をしているのでしょうか?



そうであってほしいと願ってやみません!



ご冥福をお祈りいたします。

-野球NEWS

Copyright© Wonderful life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.