高校野球

【選抜高校野球2020】注目のスラッガー・強打者はこいつらだ!ドラフト候補・厳選4人をチェック!!


智辯和歌山・黒川史陽 東妻純平
東邦・石川昂弥
履正社・井上広大
星稜・山瀬慎之助…etc


2019年の甲子園を彩ったスラッガー・巧打者たちは、スカウトの目に留まり次々とプロへの門を叩いていきました。

「野球は投手」と言われますが、派手なホームランやスピード感あふれるプレーで試合に色を添えてくれるのが野手の面々。

今回はバッターを中心に、2020年・春のセンバツで早くもドラフト候補に挙がっている注目の選手たちを紹介していきます!


中京大中京・中山礼都


身長180cm
体重80kg 右投左打
遠投100m 50m6秒1


高校通算15本塁打、恵まれた体格を目いっぱい使い、左右に低く鋭い当たりを飛ばすのが印象的な選手。

1年生から、名門・中京大中京で1年生からベンチ入り

2年生の夏には「3番・ショート」として
15打数10安打・打率.667・本2・点9の大活躍をしました!



ストレート・変化球とタイミングを狂わされても崩れないフルスイングが魅力的ですが

4:00~ の、インコースを上手くさばいたホームランもお見事ですし、その後の変則サウスポー相手のレフト前ヒットも技あり!

パワーもありながら技術もある、剛柔兼ね備えた好打者ですね!


ショートの守備は、広範囲を守ると言うよりは「確実に」アウトを取っていくスタイルに見えます。


特に、遠投100mを超える強肩は素晴らしいの一言!


6:00~
 の、三遊間深い位置からの送球は、解説の方も唸っています!

次のページへ >

-高校野球

Copyright© Wonderful life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.