野球NEWS

【2020年プロ野球】順位予想と優勝の可能性・戦力分析まとめ【広島カープ編】

リーグ4連覇・悲願の日本一へと臨んだ2019年はまさかのBクラスに沈んだカープ

  • 自慢のセンターライン崩壊
  • 主軸の不振
  • 守護神離脱

と、考えうる最悪の事態に見舞われた2019年でしたが

実はこのオフ、FA・ポスティングによる目立った戦力の流出が無かったのは広島と中日だけ。

実は意外と優勝候補筆頭かもしれない?

リーグ3連覇を果たした「王者」の2020年を見ていきましょう!



打撃編

タナキクマル・ベテラン新井・伸び盛りの鈴木誠也・打てるキャッチャー会沢

この他にも、バリエーション豊かな攻撃陣でセ・リーグを圧倒していたカープ。

FAで丸選手の流出から始まった2019年でしたが、人的保障でまさかの「長野選手」を獲得し

「意外と戦力は落ちないんじゃないのか?」

そんな希望的観測もありましたが、蓋を開けてみれば大誤算。

打率 .250 本塁打5 打点20

と、期待値からは大きく下回った成績に。

更に、チームをけん引した田中選手・菊池選手が

  • 田中 打率.193 本塁打3 打点27 盗塁8
  • 菊池 打率.261 本塁打13 打点48 盗塁14

と、揃って低調な数字。

広島カープ対阪神タイガース 田中広輔内野手(左)と、・菊池涼介(右)



1・2番の不振、3番の流出と、緒方監督はほぼチームの立て直しを迫られることになりました。


打線のカギはアンパンマンと緒方監督の置き土産


田中選手の不振によって、高卒ルーキー・小園選手の台頭に目が向けられましたが、冷静に数字を見てみると打率.213・本塁打4・打点16と、確実に戦力として使えるかはまだまだ未知数です。

期待値の高い「坂倉選手」等も1軍で実績を残している訳ではなく、最初から当てにするのは少し考えどころ。

そこで期待したいのが

「アンパンマン」こと松山選手

そして緒方監督がドラフト1位に自ら推薦した「野間選手」

3連覇中の松山選手の成績は

  • 2016年 打率.291 本塁打10 打点41
  • 2017年 打率.326 本塁打14 打点77
  • 2018年 打率.302 本塁打12 打点74

と、3番~6番打者として安定感のある成績を残していましたが
2019年は打率.259・本塁打6・打点49と寂しい数字

野間選手は2018年に打率.286・本塁打5・打点46・盗塁17・出塁率.343

と、広い守備範囲と俊足・強肩で攻守に高い能力を持つ1番打者として2019年も期待されましたが

打率.248・本塁打2・打点16と残念な成績に…

この2人が期待通りの成績を残すことができれば

今年大活躍した「鈴木誠也選手」の両脇をガッチリ固めることができます!


次のページへ >

-野球NEWS

Copyright© Wonderful life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.