野球NEWS

【2020年プロ野球】順位予想と優勝の可能性・戦力分析まとめ【横浜Denaベイスターズ編】

投手編


打撃陣に比べると、目立った流出の無かった投手陣。


しかし「規定投球回」に到達したのが今永投手1人と少し寂しい成績だった2019年

絶対的なクローザー「ヤマヤス」こと山崎康晃選手が控えているだけに

そこまでどう繋げていくのか?


カギは選手よりもラミレス采配!?


巧みな采配で不調だった石田選手を復活させたラミレス監督。

予想外だったのは

  • 東投手
  • 井納投手
  • 三上投手

と、2018年の投手陣を支えた選手たちの不調でした。


中々ローテーションが確立されない投手運用は、ファンの方は意外と飽きない?ことから楽しめたかもしれません。しかし「安定した」選手がいないと言うのは現場としては困るもの。

それを証明するかのように

  • チーム防御率   3.93(リーグ5位)
  • 先発陣防御率   4.04(リーグ5位)
  • リリーフ陣防御率 3.80(リーグ5位)

と、投手陣にとっては苦しいシーズンとなりましたが

それでも2位に食い込めたのはやはり「ラミレス采配」によるところが大きいでしょう!

左腕王国復活へ!

@L“‡í‚ɐ攭‚µ‚½‚c‚…‚m‚`E¡‰iƒ}ƒcƒ_
  • 今永昇太
  • 濵口遥大
  • 石田健太
  • 東克樹
  • 砂田毅樹

などなど…

活きの良い左腕が相次いで入団した近年

「左腕王国」を夢見たファンの方がたくさんいらっしゃるでしょうが

ここまで順調に来ているのは現状は今永投手だけでしょう。
(まだ決めつけるのは早いですね…)


22年ぶりの優勝へ!

王国復活と行きたいところですね!



次のページへ >

-野球NEWS

Copyright© Wonderful life , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.