【メジャー挑戦】横浜ベイスターズの山崎康晃は通用するのか?亜大ツーシームでMLBでも問題なし!

野球NEWS


2019年12月

日本を代表するクローザーの「山崎康晃」選手がメジャーリーグへの挑戦を表明!

2年連続で最多セーブのタイトルを獲得し、昨年に続き1億円の大幅昇給。来季年俸3億5000万円で「納得してサインさせていただいた」とした上で、「将来、メジャーに行きたいという気持ちを球団に伝え、『しかるべきタイミングで話をしよう』と言っていただいた」と交渉の席でのやりとりを明かした。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191221-00000000-ykf-spo


同じDeNAベイスターズの筒香選手を追うように、メジャー挑戦を表明した山崎選手。

これまで、メジャーで活躍したクローザーと言えば

  • 「大魔神」佐々木投手
  • Mrゼロ 高津投手

それに続けと、今回メジャー挑戦を表明した山崎投手は果たして通用するのか?

様々な角度から検証をしてみる。

ストレートの平均球速


2019年現在。



メジャーの投手による平均球速がついに150キロ超え!

ちなみにNPBでの平均球速は141キロとその差10キロ。
(MLBはツーシームでさえ平均球速148キロ)


年々、メジャーと日本のレベルの差が大きくなりつつある。


代表格は

「最速169キロのアロルディス・チャップマン」だろう。

チャップマンの平均球速は159キロで、平均ですら160キロに迫る勢い

その他にも、ジョーダン・ヒックス(平均球速159キロ)・クレイグキンブレル(平均球速156キロ)などなど

メジャーのクローザーは絶対的な球速がないと務まる可能性は極めて低い。


それでは、山崎投手の平均球速を見てみよう。

2019年

最高球速
150キロ

平均球速
147キロ


決め球のツーシームは平均137キロ

やはりメジャーの一流クローザーからは球速は見劣りしてしまう。

かつて「ハマの大魔神」として活躍し
シアトルマリナーズでクローザーとして活躍した佐々木主浩投手は150キロを超える球速と落差の大きいカーブ、そして決め球のフォークでMLBのパワーヒッターと互角に勝負したが

山崎投手は基本的にストレートとツーシームの組み合わせで勝負する

この少ない球種と、球速でどう勝負するのか?

次はコントロールを見ていこう。



コマンド能力(コントロール)


日本では押しも押されぬパワーピッチャーだった元ヤクルトの五十嵐亮太投手。

アメリカでは83試合に登板し防御率6.41と、到底通用したとは言えない結果に終わってしまった。

スピードボールには問題なかった五十嵐投手だったが

結局、コントロールの不安定さが目立ちMLBでは苦しんだ。

与四球率は一番悪い年で0.35
WHIP(1イニングに何人ランナーを塁に出すか)は2019年は1.05

それ以外の年では1.00を切る年もあるなど、制球力には問題なし。
(先述の五十嵐は1.00後半と安定感にやや欠ける)


現在、MLBで先発~クローザーまで幅広く活躍している前田健太投手も

日本時代は先発ながらWHIPが1.00を切る年があるなど、圧倒的な制球力でMLBでも日本時代同様に活躍。

制球力に関しては、山崎投手も心配ないだろう。




決め球

山崎投手と言えば「亜大ツーシーム」が非常に有名。
(出身大学・亜細亜大学伝統の変化球)

真っすぐとツーシーム、ほぼこの2球種で相手を抑え込んでいくわけだが

メジャーで、少ない球種で活躍したクローザーと言えば

「マリアノ・リベラ」投手

代名詞のカットボールのみで、並み居る強打者を次々となぎ倒していったが

山崎投手との最大の違いはやはり平均球速。

先程も取り上げたが、山崎投手のツーシームは平均137キロなのに対し

リベラ投手のカットボールは平均152キロ


山崎投手のストレートの最高球速よりも速い。


これで鋭く曲がるのだから、打てないのは当たり前と言いたいところ


球速としては少し劣るこの「ツーシーム」


ストレートとの組み合わせでどう速く見せるのか?

それとも大魔神佐々木投手がMLBでカーブを多投し始めたように新しい球種を覚えるのか?

通用するのかしないのか。

ここが最大の分岐点となりそうだ。


山崎投手の今後の課題


ここまで

  • ストレート
  • コントロール
  • 決め球(変化球)


三つの項目について、山崎投手のMLB挑戦について見てきたが

コントロールは問題ないとして

  • ストレートの球速アップ
  • 新たな変化球・ツーシームの威力向上


このどちらかをクリアしないと、山崎投手のMLBでの活躍は少し難しいのではないかと考える。

そして、現実的には1年そこいらで大幅な球速のアップは見込めないことから

変化球の威力向上・精度の向上

が、大きなカギになるのは間違いないだろう。

2019年の契約更改で早々とメジャーを公言したと言うことは

今年から何かしらの取り組みを始めることは間違いない。

そう言った面も含めて

2020年シーズンの山崎投手の活躍を期待しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました