【楽天イーグルス】美馬学はFAでどこへ行く?成績や投球動画をチェック!

野球NEWS

10月27日

楽天イーグルスの美馬学(みま まなぶ)選手が国内FA権を行使を表明しました!

めちゃくちゃ悩みました。一生に一度の権利だと思うので、他球団の評価を聞いてみたいと言う気持でFAすることにしました

と、語っています。

現在33歳の美馬投手!
これから先、選手としてもう一花咲かせられるか?

運命の選択になりますが、そんな美馬選手の今期の成績を振り返り、移籍先を予想してみましょう!

スポンサーリンク

 

過去3年間の成績は?

過去には岩隈久志・田中将大・則本昂大と、絶対的なエースが君臨する楽天イーグルスにおいて
常に、2番手以降として安定した活躍を見せてきた美馬投手。

それでは早速、今シーズンを含めた過去3年間の成績を振り返ってみましょう!

2017年シーズン

この年はWBCの影響もあり自身初の開幕投手を務めてシーズンがスタート!

5月13日の対ソフトバンク戦(熊本)でシーズン初黒星を喫するまで、先発登板5試合で4勝をマークしました!
6月までは防御率1点台を記録するなど安定した成績を残し

最終的には

11勝8敗 防御率3.26

の好成績でシーズンを終えます!

 

2018年シーズン

この年は開幕2戦目から登板、援護に恵まれず中々勝ちきれないシーズンに。
シーズン途中には右肘回内屈筋付着部炎を発症してしまい、手術へと踏み切ります。

その影響もあり2018年の成績は

2勝6敗 防御率4.56

と言う、不本意な成績でシーズンを終えます。

 

2019年シーズン

先発陣から則本投手と岸投手が相次いで戦線を離脱しますが、安定して先発ローテーションを維持します!

7月19日の対ソフトバンク戦では、8回まで一人の走者も許さない好投を見せましたが最終回に四球とヒットを許し、完全試合・ノーヒットノーランを逃しますが素晴らしいピッチングを披露したのはファンの方なら記憶に新しいのではないでしょうか?

今シーズンは最終的に

8勝5敗 防御率4.01

と、数字的にはやや物足りないものになりましたが

年間通しての安定した活躍が評価されました!

 

スポンサーリンク

 

美馬選手はFAでどこへ行く?

そして気になる美馬選手の移籍先ですが本人のコメントでは

「選手にとってFAは一生に一度の権利なので、純粋に他球団の評価を聞いてみたかった。関東のチームでプレーしたいという気持ちもありました」

と、語っています。

NPBの関東の球団と言えば

  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜Denaベイスターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 埼玉西武ライオンズ

の、5球団になりますね!

この中で、正式に獲得の調査をしているのが千葉ロッテマリーンズ

そして、個人的に美馬投手を獲得すべきと思う球団が2つあるので確認してみましょう!

 

埼玉西武ライオンズ

今年、圧倒的な攻撃力を武器に見事パ・リーグ2連覇を果たした埼玉西武ライオンズ!

しかし、投手力に課題がありクライマックスシリーズでは福岡ソフトバンクホークスに2年連続で敗れてしまいました。

そんなライオンズの主な先発投手は

今井達也 7勝9敗 4.32
高橋光成 10勝6敗 4.51
松本航  7勝4敗 4.54
十亀剣  5勝6敗 4.50

と、やはり少し寂しい成績。

年間通して安定した成績を残せる美馬投手は補強ポイントにぴったりでしょう!

 

読売ジャイアンツ

3連覇中の広島を抑え久々のリーグ優勝を果たしたジャイアンツ!

しかし、こちらも日本シリーズでは福岡ソフトバンクホークスに完敗。
中でも、エース菅野投手の今シーズンの不調は予想外のものでした。

桜井投手・高橋投手など若手の伸び盛りな選手が出てきていますが
毎年続けて好成績を残せるかどうかを若い選手に求めるのは酷です。

そこで、こちらもベテランの美馬選手が入ることによって
安定した投手運用が可能になって来る可能性があり、獲得に動く可能性は高いでしょう!

 

 

 

 

スポンサーリンク

美馬投手のピッチングを動画で確認!

今後、間違いなく争奪戦が予想される美馬投手!

武器は精密なコントロールとインコースを果敢に攻めるピッチングスタイル!

最後に、そんな美馬選手のピッチング動画に酔いしれながらお別れしましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました