【プロ野球順位予想】2020年の優勝はどこ!?補強や注目選手まとめ!【セ・リーグ編】

野球NEWS

広島カープ


リーグ4連覇・悲願の日本一を目指した2019年はまさかのBクラスに沈んだ広島カープ

MVP・丸佳浩の移籍が思ったより響いたシーズンでしたが

2020年へ向けて不安だったFA流出が無く、メジャー挑戦を目指した菊池選手も残留と続けて明るい材料が飛び込んだオフシーズン。

「V奪還」へのピースは揃ったのでしょうか?

世代交代をしながら勝つことの難しさ


2019年最大の誤算と言えば

田中広輔選手の大不調
中崎投手の守護神崩壊

でしょう。

チーム打率 .254(リーグ3位)
チーム防御率 2位(リーグ2位)

と、実は上位の成績を残していたカープ

しかし

  • 3番センターの移籍(丸選手)
  • 1番ショートの不調(田中選手)
  • 守護神陥落(中崎選手)
  • 精神的支柱の退団(新井選手)


と、これだけ予想外が続けば勝てるものも勝てないですね。



明るい材料として

ゴールデンルーキー「小園選手」のショート定着がありましたが

打率 .213 本塁打4 打点16 失策9

と、高卒ルーキーと言うことを除けば合格点とは言えない成績

しかし、懸念されていた

  • 菊池涼介
  • 野村祐輔
  • 会沢翼

の、3選手が相次いで残留。

実は、セリーグの中で唯一「大きな戦力流出」が無かったのがカープ


日本を代表する強打者に成長した「鈴木誠也」選手
が例年通りの活躍

更に

「野間選手」「坂倉選手」このあたりの若手~中堅選手の活躍

そしてドラフト1位で獲得した、大学No1「森下」投手がローテーションに加わるようなことがあれば


2年ぶりのV奪還は意外と近くにあるかもしれません!?



中日ドラゴンズ


根尾昴選手をドラフト1位で獲得するなど、明るいニュースでスタートを切った2019年のドラゴンズですが、終わってみれば5位でフィニッシュ。


しかし、見た目の順位ほど悲観する事もありません。

実は、密かな手ごたえを感じたシーズンでしたが2020年はどう戦っていくのか?

意外な成績と一緒に確認していきます!


実はよかったチーム成績



チーム打率 .263はセ・リーグNo1
チーム防御率 .372はリーグ3位


更に、リリーフ陣の防御率は3.32でリーグ2位と安定した成績を残しましたが


では、なぜ5位に沈んでしまったのか?

それは、リーグ最高打率を記録しながら

リーグ最下位の本塁打数90

そしてリーグ5位の563得点と低かった得点力にあります。


ビシエド選手・福田選手の18本が最高
次いで、堂上選手が12本と、少し寂しい数字は本拠地がナゴヤドームであることを考えれば致し方無いかもしれませんが


京田選手や大島選手など、チャンスメイクができる選手がいることを考えれば、ポイントゲッターが不足しているのは非常にもったいない。

この補強ポイントを、2019年にメキシカンリーグで

114試合 打率.355 18本塁打 84打点 15盗塁

の成績を残したシエラ選手で補おうと言うところですが、ここが当たるか当たらないかでチームの命運は大きく変わりそう。

ドラフトも1位で高校生野手の石川選手を獲得するなど


即戦力選手の大量獲得よりも、フロントは現有戦力の底上げをと考えているのでしょうか?



昨年のゴールデンルーキー「根尾」選手の一日も早い覚醒

そして、ようやく花開いた高橋周平選手に続くニュースターの誕生が待たれます!

東京ヤクルトスワローズ


広島カープ3連覇の隠れた原動力

「石井コーチ」「河田コーチ」を招聘して臨んだ2019年でしたが、残念ながら最下位に沈んだスワローズ

2015年に優勝したダークホースはわかりやすい戦い方でシーズンを終えました。


未だ大きな補強の話が無いスワローズですが、2020年はどう巻き返していくのか?

注目のルーキー「奥川投手」にも注目です!



変わらない「強力打線」と「投壊」



リーグ最下位のチーム打率.244ながら

リーグ2位の本塁打数167本と得点数656点



強力な打線は健在でしたが、それと同じくらいわかりやすかったのが投手陣

  • チーム防御率  4.78
  • 先発陣防御率  5.05
  • リリーフ防御率 4.42

全て、セ・リーグで圧倒的に最下位…

しかし、ここまで原因がはっきりとしていれば対策は簡単ですね!


「投手陣の補強」


一択です。

2020年に向けてはドラフト1位で高校No1「奥川投手」を獲得

その奥川投手を含め1~4位まで投手を指名しています!

外国人選手は野手1人・投手2人とこちらも投手を重点的に補強



阪神や広島が多めに外国人選手の補強をしているところをみると、少数精鋭での外国人運用を考えているのでしょうか?


それとも、奥川投手が1年目からフル回転で活躍するのか?



こちらも、ドラゴンズ同様「現有戦力の底上げ」がカギとなりそうです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました