【本田圭佑】オランダリーグ「フィテッセ」のレベルは?移籍した理由も確認!

その他スポーツ

日本を代表するサッカープレイヤーの本田圭佑選手

ここ数年は、指導者として・経営者として活躍する姿がメディアでは多く取り上げられていました。

オーストラリアのメルボルンでプレー後、所属チームが無いままここまでの時間を過ごしていましたが、ここへきてようやく所属先が決定!

移籍するフィテッセとはどんなチームなのか?
リーグやレベルなどの情報を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

フィテッセってどんなチーム?

SBVフィテッセ

オランダ・エールディヴィジの1部に所属するチームで創設は1892年の歴史あるチーム

125年の歴史がありますが、リーグ戦・カップ戦共に優勝が1回ずつと

オランダリーグの中では「強豪」と呼ぶには少し及ばない結果を残しています!

 

オランダリーグのレベルは?

ヨーロッパサッカーと言えば、世界で最も人気のあるスポーツコンテンツであることは間違いありませんが

その中でも特に人気なのが4大リーグと言われるもの

  • リーガエスパニョーラ(スペイン)
  • ブンデスリーガ(ドイツ)
  • プレミアリーグ(イングランド)
  • セリエA(イタリア)

サッカーに興味の無い方でも、聞いたことがあるかもしれませんね!

今回、本田選手が移籍するフィテッセが所属するエールディビジ(オランダ)

世界的にはどれくらいのレベルなんでしょうか?

まず、ヨーロッパクラブNo1を決めるUEFAチャンピオンズリーグですが

  1. リーガエスパニョーラ(優勝18回・準優勝11回)
  2. プレミアリーグ(優勝13回・準優勝9回)
  3. セリエA(優勝12回・準優勝16回)
  4. ブンデスリーガ(優勝7回・準優勝10回)
  5. エールディビジ(優勝6回・準優勝2回)

 

と、見事に先程の4大大会が上位を占めていますが、5番目にタイトルを多く獲得しているリーグになり、ヨーロッパサッカーの中でも上位に位置するリーグであることは間違いないでしょう!

 

スポンサーリンク

 

フィテッセのレベルは?

比較的高いレベルのオランダリーグ

フィテッセはその中でも2019年11月現在

順位を18チーム中5位とし、健闘しています!

2016年 5位
2017年 6位
2018年 5位

ここ数年、毎年優勝には惜しくも届いていないフィテッセ

本田選手の加入で今シーズンは何とか上位に食い込もう!と言うところでしょうか?

期待したいですね!

 

スポンサーリンク

 

フィテッセに移籍した理由は?

これまで、見所属のままの時間を過ごしていた本田選手。

中々、移籍先が決まらない中の突然の移籍報道。
なぜ、オランダリーグにたどり着いたのか?

理由はロシア・CSKAモスクワ時代の恩師スルツキ監督がいたからと言われています!

 

本田選手の移籍に際しスルツキ監督は

「本田はいくらかの特別なクオリティーをもたらす。中盤のすべてのポジションでプレーする準備ができているんだ。彼はセントラルMFになると思うが、ウサマ・タンナネが現在負傷していることで求められている右の可能性もある。彼は東京五輪に行くことを望んでいる。それが大きな目標だ」

と、コメントをしており大きな期待をしていることが伺えます!

更に現在、レギュラー選手の負傷もありポジションが空いていることから
加入後すぐに試合出場、活躍することが期待できますね!

 

スポンサーリンク

 

 

 

これまで、セリエAの名門ACミランなど世界各国の強豪クラブや、ワールドカップの日本代表での活躍など、世界中の猛者を相手に戦ってきた本田選手!

次なる勝負の舞台はオランダリーグと言うことになりました!

これまで、どのチームに所属しても圧倒的な存在感を発揮してきた本田選手ですが今回はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか!?

楽しみです!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました