【2019秋季キャンプ】中日・根尾選手はなぜブルペンに入ったの!?投球練習の理由や二刀流への挑戦は?

野球NEWS
ƒLƒƒƒbƒ`ƒ{[ƒ‹‚·‚é’†“ú‚̍ª”öV‚Q“úA‰«“ꌧ“Ç’J‘º

熱気を帯びているプロ野球秋季キャンプ!

中日ドラゴンズのキャンプから驚きの情報が飛び込んできました!

中日の根尾昂選手(19)が3日、沖縄・北谷での秋季キャンプでブルペン入り。約30球の投球練習を行った。

 熱気がこもったブルペンに突如、背番号「7」が現れた。与田監督や野茂英雄氏らが見つめる中、一礼。そこから捕手を立たせたまま、15球。その後、捕手が中腰の状態で約15球。途中、指揮官から「良い球投げるねぇ」と声をかけられると、笑みを浮かべる場面もあった。

 根尾は大阪桐蔭時代、投手としても活躍。選抜では決勝戦に登板し、胴上げ投手にもなった。ただ、プロでは野手1本で勝負。ブルペンでの投球練習はプロ入り初とみられる。

引用元:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/03/kiji/20191103s00001173274000c.html

 

高校時代は、投手と遊撃手の二刀流で活躍した根尾選手でしたが

中日入団後は「遊撃手一本で」と宣言しここまでのシーズンを戦ってきました!

では、なぜここへきてブルペンで投球練習を開始したのでしょうか?

投手転向の可能性やブルペン投球の理由を見てみましょう!

スポンサーリンク

 

根尾選手の投手転向の可能性はある?

一番に上がる疑問がこちらになりますが

こちらははっきり無いと言ってもいいでしょう!

ドラフト候補のスカウト評価簿::根尾昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)

こちらは、根尾選手のドラフト前の評価になりますが

ほとんどが野手での評価となっています。

更には、根尾選手本人もドラフト後に「遊撃手一本で」と自ら宣言していますし
今シーズン2軍でもほとんどを遊撃手として過ごしています。

更には、若手の野手を育てたいドラゴンズとしても

目玉選手をコロコロポジション変更させるようなことはないでしょう!

 

スポンサーリンク

 

 

なぜブルペンに入ったの?

では、なぜ根尾選手はブルペンに入ったのでしょうか?

 

実は根尾選手。

イップスと言う送球難の課題があるようです!

 

「足のケガを考慮して根尾は別メニューとなり、至近距離でのスナップスロー練習を連日行っていますが、何球かに1球、とんでもない悪送球をするんです。突拍子もないボールで、至近距離からなのに加減ができない。『これ、ひょっとしたらイップスかもな』と、何人かのチーム関係者がつぶやいています」

 

これは、2019年の春季キャンプでのコメントになりますが

内野手として練習していた根尾選手は送球に不安があるようです。

 

これは、2019年9月30日の試合動画になりますが

最後のショートゴロ

何の変哲もない平凡なゴロですが送球が乱れていますね!

根尾選手が送球に不安があるのは本当かもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

ブルペンに入ったのは投球感覚の調整!

 

野手が、送球のバランスや感覚を整えたり

気分転換にブルペン投球をするのはプロ野球のキャンプでは良く見る光景ですね!

 

 

過去にはソフトバンクの今宮選手なども同様の練習を行っています!

 

恐らく根尾選手も、送球練習の一環でブルペンにはいったのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

根尾選手の2軍での成績・来シーズンは?

今シーズン 2軍での活躍が主だった根尾選手!

成績は

打率 .210 2本 33打点

 

と、少し物足りない成績となってしまいました!

その中でも、三振数が127個と飛びぬけた数字になっています!

 

来年以降、1軍での活躍はあるのでしょうか?

守備・打撃とも課題が山積みの根尾選手。

この秋のキャンプ・来年の春のキャンプで課題を克服してぜひとも1軍で躍動している姿をみたいですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました