【智辯和歌山】2020年甲子園・優勝のカギは打線じゃない!「智弁史上最高の投手」小林樹斗投手に注目!!

2020年 センバツ高校野球


智辯和歌山と言えば!

強力打線と魔曲「ジョックロック」ですよね!

2006年の

智弁和歌山 対 帝京

をはじめとし、これまで数々の名勝負を演じてきた甲子園常連校。

わがふるさとのベストゲーム『智弁和歌山vs帝京』
この試合は何度見ても…



2020年・第92回選抜野球大会では平成30年大会以来の決勝進出、そして平成6年以来のセンバツ優勝を目指しますが、今大会は代名詞の「強力打線」よりも「智辯和歌山史上最高の投手」と言われる小林投手に注目が集まります!


今回は、そんな小林投手を中心に戦力分析・優勝の可能性を見ていきたいと思います!

「智辯和歌山史上最高の投手」小林樹斗を中心とした投手陣!

抜群のストレートの伸びで、2年生の時から存在感を発揮していた小林樹斗投手!

【2020ドラフト候補】智辯和歌山 小林樹斗(2年) 1回無失点2奪三振【MAX148km/h】

振りかぶった時に背筋をまっすぐ伸ばし、テイクバックにかけて右のお尻にしっかりと体重を乗せています。

回転軸がきれいな縦回転のストレートは、140キロ前半とは思えない凄まじい伸びです!

が、2020年に新チームが始まってからは調子が上がらず…

センバツを賭けた2019年秋季近畿大会

  • 初芝立命館戦 3回3失点でノックアウト
  • 智弁学園戦 4番手として登板し1失点

と、精彩を欠きました。

かろうじてセンバツへの出場を決めた智辯和歌山でしたが、エース・小林投手の脇を固めたのが

2年生の矢田真那斗投手

智弁和歌山 クロスファイヤーからの角度がえぐい矢田真那斗投手



球速はそこまで無いものの、球の出所が見えにくいフォームが特徴

2019年夏の甲子園にも登板した実力者は

2020年の近畿大会では、初芝立命館戦で小林投手がノックアウトされた後をリリーフ。

6回無失点と勝利を呼び込みました!

投球の印象としては、「打ち取るピッチング」「三振は取れそうにない」といったところ。


矢田投手の粘り、そしてなにより小林投手の復調が上位進出には必須でしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました